<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

7月12日 宮崎映画祭の最終日は、オルブライトホールで開催しました。

お客さま入場口の最終セッティングの様子。映画祭に参加される皆さまを気持ちよく案内できるように、会場班メンバーは準備を重ねてきました。
a0099113_18344541.jpg

映画祭受付の様子。当日券販売のほか、映画祭全体の案内を行いました。
a0099113_1835616.jpg

会場入口に貼った上映作品のポスター。『第七天国』のポスターはスタッフの手作りです。
a0099113_18353960.jpg

『Mayu-ココロの星-』の上映には、多くのピンクリボン関係者の方々にご協力いただきました。会場にはさまざまな展示物があり、観客の皆さまは興味深くご覧になっていました。
a0099113_18355139.jpg

いよいよ上映がはじまります。入場口付近は多くのお客さまで賑わいました。
a0099113_1836682.jpg

『Mayu-ココロの星-』トークショー
松浦雅子監督、原作者の大原まゆさん、宮崎で画家として活躍する藤野ア子さんのお話は、自分の命をみつめなおし、また勇気付けられる素晴しいものでした。
a0099113_1836253.jpg

『Mayu-ココロの星-』トークショーには要約筆記、手話通訳がつきました。
この写真は要約筆記の様子です。お話する内容を聴覚障害者の方のために、文字でお伝えしています。
a0099113_18363892.jpg

トークショー中の観客席の様子。ゲストのお話を熱心に聴き入ってました。
a0099113_18365027.jpg

a0099113_18365929.jpg

a0099113_1837133.jpg

松浦雅子監督、大原まゆさん、藤野ア子さんのお話は、ストレートに心に響くものでした。乳がんのつらさ、そして病を乗り越え今をいきる姿勢、生きていく勇気を感じることができた、とても力強いトークショーでした。
ゲストの皆さま、貴重なお話を、本当にありがとうございました。

ホワイエでは藤野ア子さんの原画展も開催しました。
観客の皆さんも、じっと立ち止まってご覧になっていました。
a0099113_1649778.jpg


『河童のクゥと夏休み』の上映前。
会場には大勢の子どもたちが集りました。
ホワイエが広いので、待ち時間中にぎやかに走り回ってました。
a0099113_18372277.jpg

上映前の楽屋。原監督は何をしているかというと・・・
観客の皆さまへのプレゼント用サイン色紙を1枚1枚丁寧に描いていました!
サイン色紙のクゥの表情は1枚ずつ違います。どのクゥも味があってかわいくて、監督のやさしさがあふれたステキな色紙になっていました。
a0099113_18373188.jpg

『河童のクゥと夏休み』上映前の舞台挨拶の様子。
a0099113_18374254.jpg

監督の言葉には嘘やごまかし、迷いがない。
的確で地に足のついたメッセージが心を打ちます。
スタッフの我々としても身にしみる貴重なご意見をたくさんいただきました。
a0099113_18375614.jpg

監督のお仕事道具:「UNI」Bのえんぴつ。
シンエイ動画時代からこのえんぴつを使っていたそうです。
■えんぴつの使い方■
①後ろのまるくコーティングされた方から削ります。
②短くなったら、別の短くなった鉛筆と、平らな面をテープでとめて使います。
逆から削るなんて目から鱗でした。ぜひやってみましょう!
a0099113_18381245.jpg

トークショーには県内外からたくさんのお客さまが参加されていました。
福岡から青空侍Tシャツで参加されたご夫婦もいらっしゃいました。
(福岡の青空侍さん、監督は帰られるまで、いただいたプレゼントを大事に手にもって移動されていましたよ。)
原監督が、20年もの歳月をかけて創られた、人生を捧げたともいえる作品は、
宮崎の地に、多くの感動を生みました!
原監督、本当にありがとうございました。
a0099113_1838221.jpg


クロージングは『第七天国』。ピアノ伴奏は柳下美恵さん。
『第七天国』は、愛があふれる素晴しい作品で、ときおり観客席から、
すすり泣きが聴こえていました。
映画とピアノがコラボした、贅沢でココロ落ち着く至福の時間でした。


この日上映した3作品は、本当に素晴しい作品です。
この映画祭の上映で終りではなく、
これからも、ずっと観つづけていって欲しいと願います。

7月5日からの8日間。
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
また来年、お逢いしましょうね!
a0099113_1642862.jpg

by mff_blog | 2008-07-16 00:00
第14回宮崎映画祭は盛況のうち、無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆さま、
ご協力いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。

今回映画祭に参加されたゲストの皆さまには、
本当にお世話になりました。
心より感謝申し上げます。

いまはまだ、祭のあとの余韻やさみしさが残りますが、
来年へ向けて、再び頑張って行きたいと思います。
皆さま、今後とも、
宮崎映画祭をよろしくお願いいたします。
by mff_blog | 2008-07-12 00:00

オルブライトホール

7月12日(土)は、宮崎市民プラザ オルブライトホールで開催します。
皆さま、ぜひご来場ください。実行委員一同、心からお待ちしております。

a0099113_149973.jpg

10:30~『Mayu-ココロの星-』
監督の松浦雅子さん、原作者の大原まゆさん、宮崎市在住の画家・藤野ア子さんのトークショーがあります。
病気を抱えながらも、生き生きと生きる彼女たちの声をお聴きください。

a0099113_1492865.jpg

14:00~『河童のクゥと夏休み』
日本が誇るアニメーション監督・原恵一さんのトークショーは必見です!
宮崎映画祭ファンの皆さまにも、ぜひ!ご参加いただければと思います。

a0099113_14102349.jpg

17:30~『第七天国』
ピアノ伴奏付きの無声映画の上映です。
柳下美恵さんのピアノ演奏は、本当に素晴しいです。
至福のひとときをお過ごしください。
by mff_blog | 2008-07-11 00:00

蘇る娯楽映画の最高傑作

7月8日からジャン・ルノワール監督『フレンチ・カンカン』(本日まで)
7月9日から加藤泰監督『真田風雲録』(明日まで)を上映しております。
2作品続けての上映は本日までとなります。
巨匠が描いた娯楽映画の世界を存分にお楽しみください。
a0099113_9501348.jpg

加藤泰監督『真田風雲録』
by mff_blog | 2008-07-10 00:00
7月8日(火)からジャン・ルノワールの名作『フレンチ・カンカン』の上映がはじまります。
2月にル・シネマ(東京)で開催された「ジャン・ルノワール映画の世界」(ルノワール映画の特集上映)で最も人気の高かった作品が『フレンチ・カンカン』でした(4月フィルムセンターの上映でも、300席の座席が瞬時に埋まるほどの人気でした)。
a0099113_9522211.jpg

映画の魅力がぎゅううううううっと詰まった、本当に素晴しい作品です。
ご覧になられた方は、この映画をスクリーンで観れたことに対して、心からしあわせを感じるでしょう。
a0099113_9524169.jpg

正真正銘、実行委員オススメの映画『フレンチ・カンカン』。
ぜひスクリーンでお楽しみください!!
P.S.
ジャン・ルノワールは画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの息子です。
by mff_blog | 2008-07-08 00:00

7月6日(日)リポート

今日は特別企画『Asian列車で行こう!』の初日。
昨日に引き続き多くのお客様が来場され、会場は大賑わいでした。

☆7月6日(日)リポート☆

12:30 映画祭会場
特別企画『Asian列車で行こう!』がはじまりました。
オープニングで、タイ国政府観光庁の冨松さんが、タイ映画についてお話されました。
a0099113_1722895.jpg

冨松さんと『Asian列車で行こう!』企画担当の2人をパチリ☆
冨松さん、福岡からご参加いただき、本当にありがとうございました。
a0099113_17224032.jpg

19:40 『MY MOTHER IS A BELLY DANCER』上映中
企画担当のバタコさん。
自前のアオザイで抽選会に備えます。
a0099113_17233470.jpg

キャラバンカーニバルの皆さんと記念写真(豪華です)!
a0099113_172418.jpg

ベリーダンス映画『MY MOTHER IS A BELLY DANCER』終了後
キャラバンカーニバルさんのベリーダンスが始まりました。
魅力的なベリーダンスにうっとり!
a0099113_17242638.jpg

a0099113_17244465.jpg

a0099113_1725185.jpg

キャラバンカーニバルの皆さん、2日間本当にありがとうございました。

20:30 『Asian列車で行こう!』抽選会
この日4作品をご覧になった方は、なんと!20名以上いらっしゃいました。
a0099113_17262444.jpg

a0099113_17265699.jpg

プレゼントはまだまだあります☆
Asian列車に乗って、映画の旅をお楽しみくださいね。
by mff_blog | 2008-07-06 23:00
第14回宮崎映画祭が開幕しました。
多くのお客様に映画を観に来ていただけたこと、実行委員一同心から感謝しております。皆さま、本当にありがとうございました。

☆7月5日(土)宮崎映画祭 初日リポート☆

10:56 映画祭会場入口
映画祭メンバーとクゥをパチリ☆
クゥ「今日から映画祭がはじまるよ。みんな、みにきてね。待ってるからね!」
a0099113_1529950.jpg


11:00 映画祭会場
実行委員長の開幕宣言です。
8日間、映画を楽しんでくださいね。
a0099113_15294430.jpg


12:29 UMK楽屋
林家しん平監督と温水洋一さん。
“宮崎はココやが!”ハッピを着て記念写真。
これからJAGA2天国に生出演します。
a0099113_15302446.jpg


12:41 JAGA2天国スタジオ
CM中のJAGA2天国 出演者の皆さんと記念写真。
(観客席で賑わう映画祭メンバーもパチリ☆)
林家さんと温水さんのトークがとっても面白かったです。
a0099113_1530402.jpg

a0099113_15305767.jpg


13:32 映画祭会場
『伊藤の話』 秋原正俊監督、温水洋一さんの舞台挨拶。
上映後のトークショーも盛り上がりました。
a0099113_1531442.jpg


18:00 オープニングセレモニー会場
宮崎県立福島高等学校・胡桃太鼓同好会の和太鼓演奏でセレモニーが始まりました。
a0099113_153204.jpg

津村重光宮崎市長のご挨拶。
a0099113_15321861.jpg

林家しん平監督のトークショー。
とにかく林家監督のお話が面白くて、めちゃめちゃ盛り上がりました。
a0099113_1532322.jpg

温水洋一さんと秋原正俊監督のトークショー。この後、『39枚の年賀状』の図師監督の挨拶もありました。
a0099113_15325282.jpg

キャラバンカーニバルさんのベリーダンス!
魅惑の世界に思わずうっとり。
a0099113_15331914.jpg

a0099113_15333311.jpg

a0099113_15335562.jpg

キャラバンカーニバルの皆さんをパチリ☆
素晴しいベリーダンスをありがとうございました。

21:38 映画祭会場
『深海獣レイゴー』林家しん平監督トークショー。
レイゴーへの熱い、映画への想いを熱く語ってくださいました。
a0099113_15341245.jpg

林家しん平監督、秋原正俊監督、温水洋一さん、長時間本当にありがとうございました。
by mff_blog | 2008-07-05 23:00
第14回宮崎映画祭が本日開幕いたします。
昨年の10月から準備を重ねてきた今年の映画祭。
どの映画も、自信を持ってオススメできる作品ばかりです。
皆さま、ぜひ観に来てくださいね。
スタッフ一同、心からお待ちしております。
by mff_blog | 2008-07-05 03:30

タイ映画の魅力

7月6日12:30~から上映する、
タイ映画『フェーンチャン ぼくの恋人』の上映前に、
タイ国政府観光庁の方が、タイ映画の魅力についてお話されます。
宮崎ではとても珍しい(宮崎映画祭では初めての)タイ映画の上映。
皆さん、ぜひ観に来てくださいね。
a0099113_16312321.jpg

by mff_blog | 2008-07-02 00:00
7月5日(土)午後6時から、宮崎山形屋の「四季ふれあいモール」(本館・新館間)にて、宮崎映画祭オープニングセレモニーを開催いたします。
予告編の上映やベリーダンス、そしてゲストの楽しいおしゃべりなど、盛りだくさんの内容です。
夕べのひと時を、宮崎映画祭オープニングセレモニーでお楽しみください。

●第14回宮崎映画祭オープニングセレモニー

日時:7月5日(土)午後6時~7時30分
場所:四季ふれあいモール(山形屋 本館・新館間)
内容:
第14回宮崎映画祭 上映作品予告編上映
津村重光 宮崎市長 挨拶
映画祭ゲスト挨拶
・『深海獣レイゴー』監督・林家しん平さん
・『伊藤の話』監督・秋原正俊さん、主演・温水洋一さん
・スペシャルトークショーあり!
宮崎県立福島高等学校・胡桃太鼓同好会による和太鼓演奏
キャラバンカーニバルによるベリーダンス

入場料金は無料です。
宮崎映画祭のオープニングセレモニーにぜひご参加くださいね。
by mff_blog | 2008-07-01 00:00